かすかべ時遊帳

かすかびあんの時遊で気ままなブログです。

粕壁宿に古墳⁉️ 春日部重行公ここに眠る

スポンサーリンク

…前回の続き

f:id:takejiisan:20190326203310j:image

鳥居をくぐると

f:id:takejiisan:20190327114801j:image

鳥居の先には、

f:id:takejiisan:20190327201812j:image

「従四位市祖春日部重行公之墳墓」

市祖なんですね。

鳥居があるということは、『新編武蔵風土記稿』に記述されているように、「稲荷社」があったのでしょうか? もしかして墳丘の上?  

あの有名な豊川稲荷も曹洞宗の「円福山妙厳寺」というお寺なので、寺院の境内に鳥居や稲荷社があっても決して不思議ではありませんが。

また、昭和初期には、建武ニ年(1336)の板碑【青石塔婆】がこの墳丘の上にあったそうです。気になりますね。それについては、次回に。

墳丘の前には、

f:id:takejiisan:20190325210607j:image

由来を記す石碑

立派な石碑なのですが、光っていてよく見えません。

春日部重行公御霊古墳の記

南朝の忠臣贈従四位春日部重行公は逆臣北條高時の専横極まるところ 恐れ多くも後醍醐帝は隠岐に遷され給い王業の光正に淡きを嘆ずる時 護良親王の念旨を奉じ勤王の義兵を春日部に挙げ 建武元年(一三三四年)新田義貞と共に鴟張(しちょう)の賊北條氏を鎌倉に滅ぼし建武の中興の大業を成す。

更に足利尊氏の反旗を翻して九州より東上するや血潮渾さかんに燃えこれを京に迎え撃つ然れども南風遂に競わずして戦時に利あらず延元元年(一三三六年)六月三十日鷺の森において恨み深き自刃を遂ぐ。

その長子家縄遺骨を携えて帰郷し 最勝院に墳を築き此処に葬る。

大正七年(一九一八年)其の功を嘉し 特旨を以て従四位を贈らる。

贈位(ぞうい)とは、

生前に功績を挙げた者に対して、没後に位階を贈る制度。追贈、追賜ともいう。官職を贈る場合は贈官(ぞうかん)という(例:贈太政大臣)。

天武天皇2年(673年)2月、壬申の乱の功臣であった坂本財が薨じ大臣級の冠位であったことから小紫位を贈られたのにはじまる。贈位の場合、通常の位階の上に「贈」の字を加える(例:贈正四位)。

明治以降の贈位
明治時代以降も引き続き死者の功績を称える目的で贈位が行われた。幕末の尊皇攘夷や明治維新で功績を挙げながら亡くなった者、または南北朝時代の南朝方の公卿や武将、勤皇家とされる戦国武将、統治で功績を挙げた大名等が主であった。(参照・引用:Wikipedia)

そういえば、あの幕末の志士坂本龍馬も明治24年(1901)になってようやく正四位を贈られています。

 

最勝院の伝記

第十二代の住職で、中興開山の俊弘は、京都の本山智積院の一老であったが、江戸幕府が二老の運敞僧正を本山の住職に任命したのでに、これは、古法に違背する旨を唱え、普山道日智山の門を閉じたので、幕府に反対するものとみなされて、流罪を申し付けられたが、俊弘僧正の行徳高きを以て罪を赦され、僧正の出生地【大場村】の近く最勝院の住職として帰院され、末寺の一属の教化に心を尽くされ寺の隆昌にあたられた。特に僧正は火防の法に通じ、いかなる火災も僧正の臨場によって消滅したと伝えられいる。僧正は、示寂に際し、「われ不動明王となり火難を救わん」と、遺言したとも伝えられている。現在は、最勝院内に俊弘堂が建立されていて、毎月十二日に護摩供養が旭町々内会で行なわれている。

また、第三十六代鷲尾諦仁僧正は、明治三十六年、京都醍醐三寶院から、住職として、この寺に赴任されて、明治三十二年五月、放火により焼失した寺の復興に尽力されながら、「春日部重行公」の事跡を調査研究して、『春日部重行公事蹟』・『春日部重行公勲功記』・『春日部重行事蹟考』を作成して、顕彰運動を推進し、大正五年、忠臣孝子節婦の調査で、重行公の事蹟を宮内省に具申した。大正七年、この具申により春日部重行公は従四位の位を受けた。また、僧正は、漢字・語学に優れ、粕壁中学校【現春日部高等学校】の生徒を指導されていた。【註 鷲尾家は伯爵の公家であった】

引用:『春日部の寺院』須賀芳郎著、1996年

「大場村」とは、春日部市武里にある字名。

これがその「俊弘堂」なのでしようか?

f:id:takejiisan:20190328083655j:image

傍らには

f:id:takejiisan:20190327201349j:image

火防俊弘尊弐百六十年祭記念 奉納参道敷石廿四枚 粕壁崇敬者一同  粕壁露商組合

建立年月日は、刻まれていませんが、この碑は、戦前に建てられたもののようです。なお、裏面に奉納者名や建立年月日があるようですが?  判読できません。

俊弘僧正は、延宝七年(1679)に示寂されました。今から340年も前ですが、この碑にあるように後代の人々が僧正に対し、いわば火防の神(?)として尊を付けて崇めていたことが伺えます。

実際、明治三十二年の放火による火災の前にも、文化九年三月に火災があり、本堂・庫裡位牌堂が類焼し、門前の仁王門が焼失したという記録があるとのこと(『粕壁宿名主公用日記』)。幸いにもいずれの火災においてもご本尊は焼失を免れたそうです。

また、鷲尾僧正が京都のご出身ということなんでしょうか、以前、現在のご住職のご好意で、所蔵の「洛中洛外絵図(地図)」(何時の時代のものかはわかりませんが)を拝見する機会がありました。また、本堂内には代々の徳川将軍の位牌もありました。

 

春日部重行公が大正になってから贈位されたということは、それまで、南朝方の公家や武将は、冷遇されていたということでしょうね? 難しいことはわかりませんが。

注:忠臣考子節婦:

  忠臣‥忠義を尽くす家臣 考子‥親孝行 

  の子 節婦‥貞節を守る婦女

明治政府の指示(?)で調査したんでしょうか?

なお、この基準は最近まで、褒章(緑綬褒章)の授与基準だったようです。

明治期には、時代的に、模範となるべき立派な人が求められていたのでしよう。少し窮屈ですね。

境内の桜も蕾が大分膨らんできました。中には、咲きはじめている木もあります。

 

最勝院のことは桜の便りと共にもう少し続けたいと思います。よかったらお付き合いください。

 

これで、ようやく30本目の記事になりました(フーッ)。

 

では、また。

続く…

 

最後までお読み頂きありがとうございました。