かすかべ時遊帳

かすかびあんの時遊で気ままなブログです。

江戸時代に大橋と呼ばれ、芭蕉も渡った新町橋と上喜藏河岸跡

スポンサーリンク

大落古利根川に架かる古利根公園橋の上流の橋は新町橋。今は、ごく普通のコンクリートの橋ですが、歴史がある古橋なんです。まさに、古橋に歴史あり。

f:id:takejiisan:20190308172713j:image

ポール型の案内板 

f:id:takejiisan:20190312140506j:image

新町橋全景

f:id:takejiisan:20190308172752j:image

新町橋のプレート

f:id:takejiisan:20190308172832j:image

よく見ると、「しんまち“ばし”」ではなく「しんまち“はし”」だったんですね。知りませんでした。

f:id:takejiisan:20190310200129j:image

新町橋 

新町橋は、江戸時代には大橋と呼ばれ、古利根川に架かる唯一の橋であった。長さ16間(約29m)、横3間(約5m)の板橋で、高欄が付いていた。架け替えにあたっては、幕府が費用を負担し、往来を妨げないように仮橋が架けられていた。新町橋の上流には上喜藏河岸と呼ばれた船着場があり、石垣の一部が現存している。江戸時代、粕壁宿では共同で河岸を利用し、古利根川の水量が多い六月中旬〜八月中旬(旧暦)には、小型の高瀬船などで米や生活物資を運搬した。 

        平成二十七年七月

        春日部市教育委員会

幕府が費用を負担すると言うことから、この橋が日光道中の重要な橋だったことがわかります。東北の大名の参勤交代の時に必ず渡る粕壁宿唯一の橋だったんです。

現在の橋は、平成17年3月に竣工しました。

f:id:takejiisan:20190310195955j:image

この付近は、下流の中川合流点から約15kmの地点。

f:id:takejiisan:20190310200512j:image

ポール型の案内板の絵図 手前が粕壁宿

プレートの絵図をよく見ると、江戸時代、大落古利根川は、武州埼玉郡葛飾郡との境だったようです。また、この大橋を渡ると幸手領の八丁目村字新町字大橋板橋と言う字でした。

そして、橋のたもとには、上喜藏河岸と呼ばれた船着場(河岸)がありました。下流の碇神社がある碇山付近には、「下喜蔵河岸」があり、こちらが「“上”喜蔵河岸」でした。

f:id:takejiisan:20190310200654j:image

公園橋の近くに設置されている「大落古利根川周辺地図」にある「上喜藏河岸」の写真。郷土資料館にあるジオラマを撮影したもの。

見た感じですが、こちらの「上喜蔵河岸」の方が水深はありそうです。

対岸から見ると、

f:id:takejiisan:20190310201847j:image

今は、集会所が建っています。

河岸の石垣は、集会所が新築された際、上部がコンクリートで固められてしまいました。

以前は、全長11.2m、地表面から約70cmの高さで2〜4段が残っていましたが、今はどうでしょうか。個々の石は正方形、五角形に整形されている輝石安山岩で、一つの石の上には上の石の約1/2が積まれた状態で、ほぼ横方向へ目地が通った布積で、近世城郭建築の石垣で見られる切込ハギと呼ばれる工法によって隙間なく整然と積まれていました。

以前、見た時、「えっ⁉こんなの?」と感じましたが、それでも、なんとなく往時の面影が感じられだのですが。

今は、こんな感じ。

f:id:takejiisan:20190310202139j:image

上部がコンクリートでガッチリ固められています。
f:id:takejiisan:20190310202133j:image

今は、2〜3段程度?。仕方がありませんね。

 

新町橋のすぐ上流が古墨田川との合流点です。この辺では、多くの水鳥を見ることが出来ます。

f:id:takejiisan:20190312135926j:image

左が古隅田川  右が古利根川

 

また、ひな祭りの3月3日(日)、たまたま橋を通ったら、古利根川の河原の清掃活動(「第46回古利根川清掃」)が行なわれていました。

f:id:takejiisan:20190312135548j:image

小雨が降っていたので、いい写真ではありませんが。

f:id:takejiisan:20190312135806j:image

対岸でも

当日は、朝から小雨が降る生憎の天気でしたが、市域の古利根川両岸を15のブロックに分けで清掃が行なわれました。主催者の発表によると、3,836人の方が参加されたそうです。お子さんの姿も見られました。

おかげできれいな河原になりました。


ここのところの雨で、心なしか、古利根川の水嵩も増してきました。水嵩が増えると、春がきます。もうすぐですね。