かすかべ時遊帳

かすかびあんの時遊で気ままなブログです。

梅田の村社女體神社の創建は平安時代だった⁉

スポンサーリンク

かすかべには、牛島地区と梅田地区の2ヶ所に女體神社があります。今回は、そのうちの一社、梅田の女體神社のことを…

古隅田川に架かる十文橋を渡った地域は、かつて「内牧村梅田」と呼ばれていたところです。 

f:id:takejiisan:20190902163603j:plain

十文橋から見た古隅田川 草刈りはこれから?

明治22年(1889)4月1日、内牧村と梅田村のニヵ村が合併し、「南埼玉郡内牧村」となり、さらに昭和19年4月1日に粕壁町と内牧村が合併、「粕壁町」となりました。

まずは、地名のことから

「埋めた田」から「埋田」そして「梅田」に

この梅田という土地は、日光街道粕壁宿の北に位置し、周囲を大落古利根川と古隅田川に囲まれた低湿地であり、村の開発に当っては低湿地を埋め立て、耕作地にしていったといわれています(説明板にも)。

地名について、川の流域を埋めて耕作地にしたことから、“埋めた田”、すなわち“埋田”、転じて「梅田」となったという説と、古隅田川のもう少し上流の新方袋というところに、謡曲『隅田川』などで知られる「梅若伝説」があり、その梅若の「梅」から梅田となった、という説があります。さてどうなんでしようか。

民俗学者の柳田国男は、その著書『地名の研究』において、地名を発達史的に捉えて、

  • 最初は開発しようとする土地の地形・気象・動植物などの特徴をとらえて命名する(利用地名)。
  • 次に、領域拡大に伴い伴って住民が土地を専有していく過程でその土地毎に命名していく(占有地名)。
  • そして、最後にこれらを巧みに利用すべく土地を分割し、それぞれに地名をあてる(分割地名)。

と3つに分類しています。

従って、梅田の地名も村の成り立ちを物語る利用地名の“埋め田”だったのではないでしょうか、神社の説明板も「埋田」となっています。そして、好字の“梅”が当てられと考えられます。あくまでも推論ですが。

また、梅田の地内は、梅田東・梅田西・梅田新田の三つに分かれており(これらは分割地名?)、女體神社はそのうちの梅田東の鎮守として祀られています。

f:id:takejiisan:20190902163844j:plain

古隅田川の遊歩道

f:id:takejiisan:20190902174407j:plain

対岸は市立春日部中学校

f:id:takejiisan:20190902163914j:plain

何やら朱い鳥居が

f:id:takejiisan:20190902174454j:plain

東武スカイツリーラインの鉄橋

十文橋から古隅田川沿いに遊歩道を少し歩くと、右手に見えるのが、朱い鳥居のある「村社女體神社」です。

村社女體神社

f:id:takejiisan:20190902164032j:plain

女體神社鳥居

f:id:takejiisan:20190902163950j:plain

村社女體神社

なお、「村社」とは、戦前までの旧制度の社格の一つで、「郷社(ごうしゃ)」の下、「無格社」の上。多くは村の鎮守の社などが列格され、社掌(しゃしょう)が置かれていました。当女體神社は明治6年4月「村社」に列格。昭和24年5月31日「宗教法人」登録。

県道(春日部・久喜線)側から見ると

その裏側は説明板

f:id:takejiisan:20190902164514j:plain

女體神社

 日光街道粕壁宿の北に位置し、周囲を大落古利根川と古隅田川に囲まれた低湿地である。この梅田の地名は、「埋田」の意である。梅田東・梅田西・新田の三つに分かれており、当社はそのうちの梅田東の鎮守である。

 醍醐天皇の延喜元年901)の創立で、当時、梅田に住んでいた織部という人が、村内の子共が幼くして亡くなることが多かったことを憂い、子供が健やかに育つようにと天神に祈願し、国産みの神である伊邪那美(いざなみ)尊を産土神として祀ったのが当社の起源。古隅田川の北岸の最も高地に当たる場所(現在地)に社殿を造営し、祭事を行なったという。また、元和八年(1622)に二代将軍徳川秀忠が始めての日光社参に際し、街道筋の由緒ある社寺を訪ねた時、当社にも金千疋の寄付があり、以来、近隣の信仰を集めて大いに栄えたと伝えられてい。

 当地の土壌は、牛蒡の栽培に適し、太くて味の良い「梅田牛蒡」が出来ることで知られている。

祭典

一、元旦祭(一月一日)  

ニ、新年祭(一月ニ一日)

三、百万遍・悪病除祭(五月一日)

四、初山・浅間神社(七月一日)

五、例祭・夏祭り(七月十五日)

六、大例祭・おくんち(十月九日)

七、新穀感謝祭(十一月ニ六日)

平成十七年十ニ月吉日  梅田東氏子会

説明板は門柱(社号標)の脇にもありますが、色が褪せて読みにくいため、道県(道春日部・久喜線)側の説明板を使いました。

今も昔も女性が子共を生み育てることは大変なことに変わりません。疫病など流行り病で亡くなる幼子が多かったことは容易に想像できます。

創造神で万物を生み出す女神、伊邪那美尊を産土神として祀ったことは、社名からもよくわかります。女體神社はそんな村の鎮守なのです。

なお、産土神(うぶすなかみ、うぶすながみ、うぶしなのかみ、うぶのかみ)とは、  

日本の神の区分のひとつ。単に産土ともいう。産土神は、神道において、その者が生まれた土地の守護神を指す。その者を生まれる前から死んだ後まで守護する神とされており、他所に移住しても一生を通じ守護してくれると信じられている。(Wikipedia)

織部という人は梅田地区に住んでいたようですが、単に「織部」という人なのか、「◯◯織部」なのか、「織部◯◯」なのか、口碑なのでもちろんわかりません。

もしかしたら、織部司(おリベのつかさ)という役所の役人か、あるいは元役人だった人かもしれません。あくまで想像ですが、想像するだけで楽しいですね。 

※織部司(おりべのつかさ)とは、

律令制で、大蔵省に属し、錦(にしき)・綾などを織り、また、染め物をつかさどった役所。おりべのつかさ。(デジタル大辞泉)

※疋(ひき/ひつ/き・匹)とは、

鎌倉時代から江戸時代にかけて用いられた銭貨の数え方(通貨単位ではない)で、100疋をもって1貫とした(この方式によると1疋=10銭(文)となるが、疋と銭(文)を併用する慣例はなかったとされている)。また、初期の頃には1疋に換算する銭貨の数は定まっておらず、『徒然草』には1疋=30文とされている。1疋=10銭(文)とされたのは犬追物に使う犬1疋(匹)の値段が10銭(文)だったからという伝説がある(『奇異雑談集』・『貞丈雑記』など)。

通貨単位の貫は1000文、100疋に相当する。これらを区別するため、質量単位の方を貫目(かんめ、一貫分の目方の略)、通貨単位の方を貫文(かんもん)という場合もある。(Wikipedia)

『新編武蔵風土記稿』の梅田村の項に、

「◯雷電社 末社 稲荷 ◯女体社 二社ともに村の鎮守、以上粕壁宿仙乗院持」

と載るように、明治期の神仏分離までは本山修験の仙乗院が当社及び雷電社の別当になっていました。なぜ、地元の寺院ではなく、粕壁宿の寺院が別当であったのかは、仙乗院が、第二世長雅の寛永9年(1631)に粕壁宿に移転するまでこの梅田村にあったためとのことです。なお、仙乗院というお寺は明治期に廃寺となり今はありません。

※別当(べっとう)とは、

神仏習合が行われていた江戸時代以前に、神社を管理するために置かれた寺のこと。別当寺(べっとうじ)とも。神前読経など神社の祭祀を仏式で行い、その主催者を別当(社僧の長のこと)と呼んだことから、別当の居る寺を別当寺と称した。(Wikipedia)

『武蔵国郡村誌』には

女体社、「村社」村の東方にあり伊弉冉尊を祀る。祭日十一月十五日  

と載っています。

また、説明板・祭典に「百万遍」とありますが、百万遍は、悪病除けの行事であり、正式には「悪病除祭」といいます。元来(戦前まで)は、大人用と子供用の二つの「数珠(じゅず)」を荒縄で作り、鉦(かね)に合わせて「ナイダー、ナイダー」と叫びながら子供、大人の順で数珠を担いで氏子の家を一軒一軒回ったものでした。数珠の大きさは、広げると大人用が八畳分、子供用でも六畳分あり、全戸を回り終えると、古隅田川に架かる梅田橋の上から鉦・御幣(ごへい)と一緒に数珠を川中に投げ込んで、当社の社務所で年当番が用意した小豆飯やけんちん汁を御馳走になったそうです。しかし、戦争の激化により、物資が不足してきたため昭和16年が最後となり、翌年からは祭典だけを行うようになリました。

「参考:『埼玉の神社北足立、児玉、南埼玉「女體神社」』(埼玉県神社庁)」

f:id:takejiisan:20190902164715j:plain

社殿・正面

f:id:takejiisan:20190902164917j:plain

社殿

f:id:takejiisan:20190902164804j:plain

元禄2年(1689)銘があるといわれる鰐口(わにぐち)なのでしようか?

f:id:takejiisan:20190902165037j:plain

参道左側にある天保6年(1835)に榛名山太々講中が奉納した手水鉢

f:id:takejiisan:20190902164959j:plain

参道右側の手水鉢

その他、宝暦2年(1752)銘の金幣(きんぺい)、寛政11年(1799)の社殿再建時の棟札などがあるそうです。

 

[女體神社]

 

 

続く…