かすかべ時遊帳

かすかびあんの時遊で気ままなブログです。

三島由紀夫の短編小説『橋づくし』で最初に渡った橋「三吉橋」

スポンサーリンク

和文化会・例会が行われる会場(銀座ブロッサム・中央会館)の前に「三吉橋」(みよしばし)があります。現在、橋の下は首都高速道路

f:id:takejiisan:20190613090048j:image

三吉橋 橋名のルールによると手前銀座側が橋の起点

今まで、全く気がつきませんでしたが、その袂には、

f:id:takejiisan:20190613084944j:image

こんな石碑が

f:id:takejiisan:20190613084959j:image

説明板

三吉橋

この橋は、築地川の屈曲した地点に、楓川と結ぶ水路(楓川・築地川連絡運河)が開削され、川が三叉の形となった所に、関東大震災後の復興計画の一環として、昭和4年12月に三叉の橋が架けられました。
 ここに川が存在し、人々の暮らしも川を中心に営まれ、川筋を酒荷の船などが通った情緒ある風景も、今は埋立てられ高速道路と化し、陸橋となりました。
 区では、平成4・5年にわたり、高欄には水辺に映える木立の姿を採り入れ、照明は架設した当時の鈴蘭燈に、又一時期高速道路のランプとなり一部撤去された歩道も復元し、古き風情を感じさせるデザインで修景しました。
平成5年8月 東京都中央区
橋梁の諸元
形式   三股型単純銅板桁橋
橋長   23.98 × 3
有効幅員 15m(車道9.0m・歩道3.0m ×2)
建設年次 昭和4年12月 復興局施行

そして、三島由紀夫の短編小説『橋づくし』の一節が

f:id:takejiisan:20190613085105j:image

橋づくし

『四人は東銀座の一丁目と二丁目の堺のところで、昭和通りを右に曲った。ビル街に、街灯のあかりだけが、規則正しく水を撒いたように降っている。月光はその細い通りでは、ビルの影に覆われている。
程なく四人の渡るべき最初の橋、三吉橋がゆくてに高まって見えた。それは三叉の川筋に架せられた珍しい三叉の橋で、向う岸の角には中央区役所の陰気なビルがうずくまり、時計台の時計の文字板がしらじらと冴えて、とんちんかんな時刻をさし示している。橋の欄干は低く、その三叉の中央の三角形を形づくる三つの角に、おのおの古雅な鈴蘭燈が立っている。鈴蘭燈のひとつひとつが、四つの燈火を吊しているのに、その凡てが灯っているわけではない。月に照らされて灯っていない灯の丸い磨硝子の覆いが、まっ白に見える。そして灯のまわりには、あまたの羽虫が音もなく群がっている。
川水は月のために擾されている。』
   (三島由紀夫「橋づくし」)
 

あらすじは、

陰暦8月15日の深夜、新橋の料亭の娘(早大生)と二人の芸妓そして新米女中の四人が願をかけ、橋巡りに出かける。それは、満月の深夜、互いに口をきかず、後戻りせず、七つの橋を渡って祈ると願いが叶うというものです。

そして、その願掛け参りの際のルールとは、

  • 今夜の願い事はお互い話さない
  • 家を出てから、七つの橋を渡りきるまで、絶対に口をきいてはいけない
  • 一度知り合いから話しかけられたら、その時点で願いは既に破られる
  • 橋を渡る前と渡った後、それぞれ合計14回、手を合わせてお祈りをする
  • 七つの橋を渡るときに同じ道を二度と通ってはいけない

というものでした。

四人が出発し、最初に渡るのが、この「三吉橋」です。「三叉になっているので、三叉の二辺を渡ることで、一度に二つの橋を渡ったことになる」、と先達の芸妓が言います。

そして、四人の内三人は途中で次々に脱落、最後まで残った者は…。

 

旧暦の八月十五日という日は、秋の真ん中の月の真ん中の日、つまり秋全体の真ん中の日と考えられます。この日のことを「中秋」と言うことがあり、満月の夜ということです。

 

それにしても、見事な情景描写ですね。

三島由紀夫は、自身の解説で、

〜略、『橋づくし』は、もっとも技巧的に上達し、何となく面白おかしい客観性を、冷淡で高雅な客観性を、文体の中にとり入れたものだと思っている(『花ざかりの森・憂国―自選短編集―』新潮文庫) 

といっています。

 

写真は、昔の「三吉橋」、なるほど三叉になっていますね。小説が書かれた頃は、こうだったのでしようね。

 

f:id:takejiisan:20190615120259j:plain

概要(1930年、原典:『大東京写真帖』1930、作者:大東京写真帖)・「wikipediaより」最新変更日:2018年12月7日 (金) 23:47

f:id:takejiisan:20190613164201j:image

『橋づくし』の石碑の所から見た今の中央区役所ビル。現在の建物は昭和44年に完成した区役所の新庁舎(旧庁舎は前年の43年に解体)。小説に出てくる陰気なビル(旧庁舎)とはもちろん違います。

f:id:takejiisan:20190613164230j:image

復元された「鈴蘭燈」も見えます。

 

三島由紀夫は、昭和45年(1970)11月25日、自衛隊市ヶ谷駐屯地(現在の防衛省本省)で割腹自殺という衝撃的な最後を遂げました。今回、久しぶりに三島由紀夫の名を目にして、あの時、テレビに映った三島の姿を思い出しました。半世紀も前の出来事なんですね。

 

いやーそれにしても、東京は面白い。

 

かすかべのことはしばし忘れています。

 

「橋づくし」は『花ざかりの森・憂国』に短編として収められています。

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)