かすかべ時遊帳

かすかびあんの時遊で気ままなブログです。

春日部薬草園跡

スポンサーリンク

 春日部市立図書館に行ってきました。

f:id:takejiisan:20181228202520j:image

  市立図書館、春日部市民文化会館がある場所には、昔、厚生省国立衛生試験所春日部薬用植物栽培試験場、通称「春日部薬草園」がありました。関東地方唯一の試験場で日本初の薬用植物試験場だったそうです。

f:id:takejiisan:20181228203807j:image

  春日部薬草園は、大正11年(1922)4月内務省東京衛生試験場粕壁圃場として開設され、その後、昭和13年厚生省へ移管、戦後の昭和23年4月、東京衛生試験所の薬用植物栽培試験部を植物部と改称、その管轄下に入り、昭和24年(1949)10月、国立衛生試験所薬用植物園春日部分場と改称、昭和31年(1956)に国立衛生試験所春日部薬用植物栽培試験場となりました。その後、昭和55年(1980)2月、つくば市に移転。更に、平成17年(2005)4月組織改組に伴い、大阪府茨木市に新設された独立行政法人医薬基盤研究所の資源部門に再編、現在は薬用植物資源研究センター筑波研究部となっています。特に「ケシ」が栽培されていて、毎年5月には、ケシの白い花が咲き乱れていたとのことです。また、我が国初のモルヒネが作られていたと言われています。現在、跡地には、ミニ薬草園があります。

f:id:takejiisan:20181228203947j:image

 図書館前には、こんな彫刻がありました。

f:id:takejiisan:20181228214344j:image

f:id:takejiisan:20181228214603j:image

柳原義達作「道標・鳩」

作者は、生命の不思議さを鳩に託して鳩を作り続け、それを道標と表現したそうです。

 市民文化会館の前には、

f:id:takejiisan:20181228223256j:image

加藤  豊作「神話II」

 ギリシャ神話のゼウスとレダ