かすかべ時遊帳

かすかびあんの時遊で気ままなブログです。

権現堂桜堤の紫陽花はまるで白いゲレンデ⁉

梅雨空の下、白いアジサイを見に幸手権現堂桜堤の「あじさい祭り」に行ってきました。平日だったので、駐車場は空いていました。 幸手あじさい祭り 桜と菜の花のコントラストで有名な幸手権現堂桜堤ですが、桜の季節が終わってからも四季折々に咲く花を見る…

かすかべに残る在原業平が渡ったという「業平橋」⁉

前回の続き… 春日部八幡神社参道入口にある「都鳥の碑」については、前回書きました。 今回は、かすかべにある「業平橋」のこと。 業平橋 東京の業平橋 私は単純なので、東京の「業平橋」を、東京都隅田区にあり、隅田川に架かっている橋だとばっかり思ってい…

春日部八幡神社の参道入口に建つ「都鳥の碑」は何を伝えているのか⁉

都鳥の碑 市の有形文化財に指定 今年、3月26日、春日部八幡神社参道入口の鳥居の側に建っている「都鳥の碑」(みやこどりのひ)が春日部市有形文化財(歴史資料)に指定されました。個人的には指定されるのが少し遅かったかなと思いますが、遅まきながらご報…

三島由紀夫の短編小説『橋づくし』で最初に渡った橋「三吉橋」

大和文化会・例会が行われる会場(銀座ブロッサム・中央会館)の前に「三吉橋」(みよしばし)があります。現在、橋の下は首都高速道路。 三吉橋 橋名のルールによると手前銀座側が橋の起点 今まで、全く気がつきませんでしたが、その袂には、 こんな石碑が 説…

古墳の中で明鏡に囲まれて被葬者は眠る…

大和文化会・第3回例会(6月8日(土)の聴講報告です。 会場は、いつもの「銀座ブロッサム・中央会館」 今回は違う角度から。 演題:「前期古墳の副葬品にあらわれた死生観―黒塚古墳・三角縁神獣鏡を中心に―」 講師:奈良県立橿原考古学研究所 調査部長 岡村孝作先…

古河とかすかべとは同じ…⁉

JR古河駅の西口を出て、駅前通りを真直ぐ行くとその辺りが日光街道(日光道中)9番目の宿場町古河宿です。宿場町といっても、古河は城下町でしたので、かすかべとはかなり違います。 古河宿 日光街道を少し北に上ると、 日光街道古河宿道標 右筑波道 左日光…

古河は麻久良我の里だった⁉️

5月25日(日)、5月とは思えないほどの暑さの中、大学(通信制)の学友会(OB会)で茨城県古河市に行ってきました。 古河市は茨城県の最西端にあり、関東地方のほぼ真ん中に位置しています。かすかべからは栗橋駅乗り換えで40分ほどで行くことができます。 い…